カリビアンコムは違法か?合法か?はカリビアンコムは違法か?合法か?をご覧下さい。

カリビアンコム
カリビアンコム


カリビアンコムにようこそ! > カリビアンコムは違法か?合法か?


 カリビアンコムは違法か? 合法か?


日本の法律に「わいせつ物公然陳列罪」というものがあります。

わいせつ物公然陳列罪でいう「わいせつ物」とは、性的な表現のある文章、絵画、画像、デジタル・コンテンツ、ネット・コンテンツなどが、公の秩序又は善良の風俗(公序良俗)に反し、見る者にいたずらに性的興奮を促し、羞恥心を害したり、性的な道徳観を壊すようなものです。

公然陳列の部分は、特定または不特定多数の人に対して、簡単に見られるようになっていることです。さらに、頒布したり、譲渡したりすることも含まれています。

カリビアンコムのサービスは、無修正動画というわいせつ性の疑いのあるデジタル・コンテンツを、ネット上で、有料で頒布したり、譲渡したりするものです。

カリビアンコムが、わいせつ物公然陳列罪と密接な関係にあることが分かります。

「わいせつ」の解釈は、時代背景、社会状況、道徳観によって流動的に変化するものとされているようですが、2017年現在の状況は、ヘアー・ヌード画像はOK、性器の写っている画像はNG、という感じでしょうか。当然、性器が映り、濃厚な性行為が描写された無修正動画は、明らかにわいせつとみなされるでしょう。

カリビアンコムのコンテンツは「わいせつ」なのは間違いないと思います。


では、カリビアンコムは違法なのでしょうか?


ここで、カリビアンコムのサービスの基本に立ちかえってみましょう。カリビアンコムのサービスは、日本国外の、無修正動画が合法な地域である、アメリカ・カリフォルニアのサーバーから、コンテンツ配信を行っています。

コンテンツの内容は、日本人の無修正動画がほとんどなので、サービス対象者は、日本人やアジア人が特に好きな外国人を除くと、ほぼ日本人向けとみて間違いありません。


では、この日本人とは、どのような人を指しているのでしょう?


もし、この日本人が、日本国外にいる旅行者や、仕事、ビジネスに従事する人、現地に住み生活している人、あるいは日系の外国人であるなら、カリビアンコムのサービスは、国外から配信され、国外で利用されることになるので、日本国内を対象した「わいせつ物公然陳列罪」とは、まったく関係ないことになります。つまり、現地の法律に違反していなければ、合法ということになります。


では、カリビアンコムを日本に住む日本人が利用するとしたら?


日本国外の海外企業が、日本国内の日本人向けに、わいせつな動画を有料配信しているとするなら、まさに、法律のグレー・ゾーンの範囲内かもしれません。このようなケースを想定した、法律や裁判所の判断は、ほとんどないと思われます。

しかも、その海外企業が、「われわれは、日本国外の日本人向けにサービスを提供している」と主張するなら、違法性は問えないでしょう。


では、われわれ国内に住む日本人が、カリビアンコムを利用する場合は、その海外企業の意図に反して、私的でプライベートな利用という位置づけになりそうです。


この場合、違法性を問われるのは、動画を配信している海外企業ではなく、利用する国内の日本人ということになるのでしょうか?


カリビアンコムを利用している国内の日本人は、数十〜数百万人規模の人数に達し、その一人ひとりに、違法性を問うのは、さすがに無理があります。

そして、国内の利用者は、私的に楽しんでいるのであって、それを公開しているわけではありません。「わいせつ物公然陳列罪」に問えないのは、明らかです。


もし、カリビアンコムのコンテンツを購入した上、それを日本国内で公開して儲けようと企む業者がいるとしたら、その業者は、すでに著作権法に反した違法業者ですが、「わいせつ物公然陳列罪」にも該当すると思います。

しかし、そこまでいくと、カリビアンコムは被害者の立場であり、違法業者の協力者、すなわち共犯者ではありませんね。


ここまで、いろいろと考察してきましたが、まとめてみると、


・カリビアンコムは、合法性を主張すると思われるが、これに対応する法律や判例がなく、グレーゾーンかもしれない。

・日本人利用者が、私的に楽しむ分には、違法性は問われない。


こんなところではないでしょうか。









超有名AV女優の裏HD作品が多数!

サンプル   入り口






・無料サンプル動画・大量配信中!





・ まずは、無料でお試し

・人気・実力ナンバー1サイト!

サンプル    入り口



カリビアンコムは違法か?合法か?の詳細は カリビアンコムは違法か?合法か? でご確認ください。
copyright ©  カリビアンコムにようこそ! 2008-2017 all rights reserved.